婦人科健診に通い出産前の状況を確認する事

産婦人科の健診で出産の準備を

産婦人科の婦人科健診を受診して、出産を控えている妊婦さんにとっては普段の日常生活を安全に送る為、色々と婦人科の先生からアドバイスをもらったり、それぞれに困っている事や症状など細かな事でも相談する事が重要となります。出産を控えている人にとっては、新しい命が産まれる事の前にまずは胎児がお腹の中でちゃんと成長しているのかを確認してもらうと言った所の意味合いからも、婦人科健診はとても重要な役割と持っているでしょう。

婦人科健診で分かる色々な症状

婦人科健診を受診してもらう事で、婦人科の先生も細かな症状に気が付く事となったりする為、早めの対処を取る事が出来たりする様です。もしも出産に向けて色々と不備があったりすると、早めに入院をしたり、自然分娩なども考えながら、時としては切開による出産も考える必要があります。婦人科の健診で異常が見つからない状況となれば、問題無く出産に向けて考える事が出来る状況となり、予定日に向けて出産の準備となるでしょう。

産婦人科の設備に関して

産婦人科も、近年ではお腹の中の状況を3Dで見たりする事が出来る為、出産に向けた妊婦さんも赤ちゃんがお腹の中で育っている所を見るとやはりそこで成長をしている子供を婦人科の先生に任せて、安心した気持ちで出産に向かう事が出来ます。産婦人科の設備も近代的に揃っている所も多く、現代の医療に関しては昔と比べるとトラブルに関しても素早く処置が行える事も考えられます。病院側も連携を取って出産をするケースなどもある様ですよ。

多くの利用者から優れた評判を集めている巣鴨の婦人科を利用することで、様々な疾患に対して的確な治療を受けることができます。

続きを読む

避妊をするのであれば確実に!適切な避妊と間違った行動

避妊具は最初から使用すべき

性行為の際は女性用コンドームもありますが、通常は男性がコンドームを装着する場合が多いです。コンドームは最初の挿入の際にしっかりと装着すべきです。射精を中でしなければ大丈夫と考えるのであればそれは大間違いです。射精の前に男性のペニスからはカウパー液という少し粘度のある透明の液体が出るのですが、その液体に微量の精子が含まれているのです。射精をするよりも受精率は低いものの、カウパー液の精子がそのまま卵子へ到達する可能性があるのです。

排卵日だけに注意というのは間違い

排卵日だけに気を付ければコンドームなしでも妊娠しないというのも大きな間違いです。排卵日というのは文字通り排卵されて精子を待つのですが、実は排卵日の4日前から妊娠の確率は高くなるのです。むしろ排卵日当日は妊娠の確率は低下するのです。特に妊娠しやすいのが排卵日の二日前で、この事実をしっかりと理解する必要があります。根本的に言えることは、避妊をするのであればいかなる場合もコンドームを使用しなければいけないということです。

意外な落とし穴!正しいコンドームの装着

避妊をする為にコンドームを装着する。ここまでは良いのですが、装着の仕方で台無しになってしまう場合があります。コンドームを装着した時、先端に空気が入っているようなら途中でピストン運動の摩擦によって破れる可能性があります。装着をする際は先端を指でつぶして空気が入らないようにして、根元まで入ったら最後に先端に空気が入っていないか確認してから挿入に移ります。また、使用期限が過ぎているコンドームは使用禁止です。

女性が突然の体調不良のときに、日曜日に婦人科が開いているのは助かります。もし医院がどこかわからない場合は、区役所に問い合わせたり、広報などを参考にすると良いでしょう。

続きを読む

挑戦!!初めての確定申告は税金の仕組みを知るよい機会?

サラリーマンが医療費控除に挑戦!

「確定申告」という言葉は聞いたことあるけど、多くの若いサラリーマンにとっては実際どういうものかよくわからないものですよね。私もこれまでそんな人間の一人でしたが、昨年たまたま病気をする機会が多く短期の入院をしたこともあって医療費が10万円以上かかったので、確定申告で医療費控除というものを受けることにしました。まずはインターネットで「確定申告」、「医療費控除」などの検索ワードを使って下調べから始めました。

ネットで申請書は作れる。税務署の人も優しく応対

調べてわかったのは、必要書類は源泉徴収票や医療費の領収証などであるということです。作業としては、予めかかった医療費の明細を作るのが最初で、次に必要な申請書を作らなければいけません。この申請書を作る作業が初心者には一番難しそうですよね。私もそう考えていたのですが、今はインターネットで申請書を作ることができ必要な金額をサイトの指示に従って入力していくだけで驚くほど簡単に申請書を作成することができました。私の場合は、入院関係の支払い書類のことでどうしてもわからないことがあったので、町の税務署に行って直接質問もしたのですが、とても紳士的な感じの職員さんが、わかりやすく適切に回答してくださいました。

お金も戻り、勉強にもなる

書類さえできれば申告はあっさりとできてしまいました。特に確定申告期間内は手続きする人も多いので、税務署の人も手慣れた感じで流れ作業的に処理を進めていきます。最終的に一万円程度の還付金額になり、何だかとても得をした気分になりましたよ。予想外の効果だったのは、今まで全く興味がなかった税金のことがとても身近になったことです。どういう割合で還付されるのか気になり、ついでにいろいろネットで調べたりすることで、所得税のこと、住民税のこと、いろいろな控除のことなど知ることができ、勉強にもなりました。お金が戻って知識もふえる。二重に得をした気分です。

確定申告とは申告対象となる年の1月1日から12月31日までに得たすべての所得を計算して申告することです。こうして申告することでその年の所得に対する納税額が確定することになります。

続きを読む