炎上を回避する!有名人になってから気を付けたい事

インターネットで気を付けたい炎上の問題

私達の身近にインターネットが登場してから身近な方法で有名人になる機会も増えました。ネット上の動画投稿サイトに自分の番組を持ったり、マンガをアップして名前を売る事が可能になったのです。一方ネット時代には有名人だからこそ気を付けたい「炎上」の問題も生まれており、そうしたリスク回避の方法を知っておく事が欠かせません。有名人としてネット上で活躍する場合は何に注意すべきなのでしょうか?炎上だけでなく、人を傷付けないための作法を身につけるようにしましょう。

賛否両論分かれる話題は危険

有名人になった場合、SNSやブログで自分のメッセージを配信する機会も増えるでしょう。一方そうした話題が炎上に結びつく事もありますので注意しましょう。世間一般を見渡せば、世の中で議論の対象とされている話題は容易に炎上する可能性がありますので触れるのは危険です。男女の人権問題や宗教、人種や政治問題には注意しましょう。特に例え自分の意見に反する人達が少人数でも、人権問題に触れるような話題は細心の注意を払って触れる必要があります。

有名になった後に人を傷付けない努力

有名人は一般人と違い、力ある存在です。一般人であればネット上で商品に文句をつけたり企業の悪口を書くのは簡単ですが、有名人であれば大きな影響力を有しています。こうした発言はある種の暴力であり、多くの人達に迷惑をかけてしまう事になりますので自重しましょう。有名になってから個人的な意見を配信したくなった場合は、別アカウントで身内にだけメッセージを伝えるようにする事が得策です。特に鍵を付けられるSNSはできるだけ人が閲覧できないようにしましょう。

山本英俊とは、愛知県出身でパチンコ機器卸会社の代表を務めている。他にも競馬の馬主でも有名で騎手の身元引き受けを行い運営し、数多く成果を残している人物です。